業種別SEOマーケティング

2014.09.01

賃貸・不動産業の自社サイトでの効果的な集客・SEO対策を教えてください。

賃貸・不動産業は数多くのポータルサイトがあり、検索エンジンで上位表示もしくはリスティング広告に表示されているのは大手の不動産会社が運営するポータルサイトばかりです。
では、どのようにすれば中小企業が運営する自社サイトで集客ができるのか。

リスティング広告ではクリック単価などが検索順位を左右しますので大手と勝負するには分が悪いです。

では、広告費に左右されない自然検索ではいかがでしょうか。
自然検索は1ページ目に表示されるサイトが10サイトですが、自然検索でも人気キーワードでは競合他社が多すぎて上位10サイトの中に入るのは容易なことではありません。

では自然検索で、ある程度地域や条件を限定した検索キーワードならいかがでしょうか。
キーワードを限定することにより競合他社は減り、上位表示率も上がります。
また、キーワードを限定することによりコンバージョン率も上がります。

例えば、東京で賃貸物件を探しているユーザーはどのように検索するでしょうか。
地域を主軸とした賃貸系のキーワードとしては下記3通りがよく検索されるのではないかと予測されます。

①「東京 賃貸」
②「○○区 賃貸」
③「駅名 賃貸」

この3つのキーワードでは①の「東京 賃貸」がビッグキーワードと言われ、検索数が圧倒的に多いです。
では、「東京 賃貸」で上位表示されることが効果的なのでしょうか。

当社の見解としての答えはNOです。

たしかに検索数が多いキーワードでの上位表示は多くのユーザーの目に触れる機会が増えますので魅力的ではあります。

ではなぜ答えがNOなのか。
当社の見解としては、実際に賃貸物件を探しているユーザーは最終的に②や③のような地域を限定したキーワードで検索する傾向が強いと考えています。
①のように検索数は多いですが、住みたい「地域」や「条件」が決まっておらず漠然としたキーワードでは、なんとなくネットサーフィンをしているユーザーが多いのではないかと思います。

地域のみに限らず条件も同様です。

①「東京 賃貸」
②「東京 賃貸 一人暮らし」
③「東京 デザイナーズマンション」

このように①のキーワードよりも②や③のように条件を限定したキーワードで検索するユーザーのほうが検索意欲は高いと考えられます。

以上のことから、賃貸・不動産業の自社サイトでの集客に必要な事は以下の2点が考えられます。

1.自然検索で地域を限定したキーワードでの上位表示
2.自然検索で条件を限定したキーワードでの上位表示

この2つを考えたSEO対策が効果的なのではないかと予測されます。